源氏物語 あさきゆめみし大事典 > あさきゆめみし用語:あ行

あさきゆめみし用語:あ行のカテゴリー

このカテゴリーは『源氏物語 あさきゆめみし大事典』に取り上げた「あ」から「お」までの「あ行」の用語を載せています。

登場人物や古典用語、和歌・歌謡・漢詩など、「あ行」で始まる『源氏物語 あさきゆめみし大事典』の全てのものを順に並べています。随時記事をアップしているため、その順番や内容はたびたび変わることもあるかと思いますが、その点はどうぞご了承ください。

『源氏物語 あさきゆめみし』を手にしてみますと、文庫版で7冊。時代は違っても、普通の少女漫画と同じように恋や青春を扱っているはずなのに、政治や和歌、当時の風習が織り交ぜられている為に内容がものすごく濃くて、ずっしりとした感触。しかも桐壺帝、光源氏、薫と三代に渡っている恋物語が、ギュッギュッとこの7冊に詰まっている。本棚に置いてみると、他の本よりも文庫版サイズで小さいのに、どの本よりも重く感じます。

あまりに濃厚なお話ので、この『源氏物語 あさきゆめみし大事典』も完成し終わることがないように思えます。膨大な用語数になりそう。日々こつこつ勉強しなくては・・・。

昔は、六条の御息所がものすごく怖くて、気軽に手に取れなかったのですが、今では彼女の強い思いを理解できるようになって、夜中でも開いて読むことができるようになりました。『源氏物語 あさきゆめみし』は、桜や梅、橘などの季節の花々がとっても美しい。いつか梔子(くちなし)の花を目で見て、触れて、その甘い香りを味わってみたいなと思っています。

スポンサード リンク

いぶせくも 心にものを・・・

いぶせくも 心にものを なやむかな やよやいかにと 問ふ人もなみ

明石の入道から娘(のちの明石の君)のことを聞いた光源氏が、娘にあてて2度目の恋文に書いた歌。

おきつ舟 よるべ波路(なみじ)に・・・

おきつ舟 よるべ波路に 漂はば 棹さし寄らむ 泊り教えよ

容姿端麗な夕霧を見た近江の君が、御簾にはりつきながら詠んだ恋の歌。

中の君がお髪洗いをしていた為に、暇をもてあました匂の宮(兵部卿)が、浮舟(うきふね)と出会ってしまった。

光源氏の正妻。母は桐壺帝の妹の大宮、父は左大臣。頭の中将の妹でもある。

光源氏が勅使(ちょくし)に立った。
葵の上の車とと六条の御息所との車争いが起こる。

横川の僧都の妹。さる上達部の北の方であった。亡き娘の代わりにと、行き倒れていた浮舟の世話をする。

弘徽殿の女御、朧月夜の君の父。朱雀帝の祖父でもある。

光源氏と頭の中将が勝負した。

頭の中将の娘。夢占(ゆめうらない)より探し出された姫。

伊予の介の妻。夜、忍び込んだ光源氏に気付き、薄衣だけ残して逃げ去った女性。

紫の上の少女時代の女童。

今はとて 宿離れぬとも・・・

今はとて 宿離れぬとも 馴れ来つる 真木の柱 われを忘るな

ひげ黒の右大将の娘(真木柱)が離別する髭黒の北の方と共に屋敷を去る際に、泣きながら紙に書き、 柱のすき間に埋めた歌。

頭の中将・葵の上の母。左大臣の北の方。

八の宮の一の姫。宇治に姉妹で住んでいた。薫にとって永遠の想い人。

六条院にやってきた男踏歌の一行には、夕霧・頭の中将(のちの柏木)・弁の少将(のちの紅梅)もいて、 美しい歌声と舞で人々を魅了した。

入日さす 峰にたなびく うす雲は もの思ふ袖に 色やまがへる

亡くなった藤壺の宮を想い、悲しみにくれながら光源氏が詠んだ歌。

光源氏が明石の上に会いに桂まで行くということに、紫の上が口にした嫉妬の言葉。

八の宮の姫。大君と中の君の異母妹。大君に生き写し。

女三の宮と柏木の密通を知った光源氏が、その裏切りに苦しむ心を表現した言葉。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.