源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:あ行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 登場人物 > 葵の上

葵の上

光源氏の正妻。母は桐壺帝の妹の大宮、父は左大臣。頭の中将の妹でもある。

スポンサード リンク

光源氏の元服の時、添い臥しに就いたのが葵の上。それまでは春宮の后になるものとして育てられていたので、美しくて気高く、 光源氏より4歳年上ということもあって素直になれない。常に冷たく接してしまうので、光源氏は心安らぐ場所を求めて、 六条の御息所の元に通うようになる。

その後、懐妊し、気晴らしに出かけた葵祭りで六条の御息所の車と車争いを起こし、六条の御息所に屈辱的な思いをさせる。 それから六条の御息所の生霊にとり憑かれ、苦しみながらも太郎君(夕霧)を何とか無事出産する。

しかし、ようやく光源氏と葵の上との間に愛が芽生えた矢先に、六条の御息所の生霊に呪い殺されてしまう。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の一〜十》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.