源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:あ行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 登場人物 > 右大臣

右大臣

弘徽殿の女御、朧月夜の君の父。朱雀帝の祖父でもある。

スポンサード リンク

文武共に優れる光源氏の元服を促した左大臣。彼は「春宮よりもむしろ・・・」と春宮と光源氏が比べられて、 人々からそう言われることに気がついていたのかどうかわからないけれども、孫の春宮の次期帝の地位を光源氏に奪われてしまうのでは・・・ と不安に思っていた様子。
光源氏を元服させることによって、位を与え、臣下と春宮との位の違いをはっきりさせてくれと、左大臣は桐壺帝に訴えた。

桐壺帝の代の頃は左大臣の勢力に押され気味だったが、孫である朱雀帝の代への譲位が近づく頃には権力を付け、 その力を見せ付けるように光源氏を右大臣家の藤の宴に招き、藤の花の添え物にする。

そして、朱雀帝即位後には我がもの顔で宮中から退出し、光源氏の退出を控えさせた。
しかし、娘である六の君(朧月夜の君)は光源氏と恋仲になり、前々から画策していた女御として入内する計画が台無しに・・・。六の君は尚侍 (ないしのかみ)という低い身分で入内することに。

ある嵐の夜、「ひどい雷で怖かっただろう」と心配して、宿下がりをしている六の君のもとを尋ねた右大臣。その部屋で、光源氏を発見し、 憤る。実は、光源氏の北の方である葵の上が亡くなった時に、六の君を正式に光源氏の妻にと申し出たのに断られていたのだ。そして、 弘徽殿の女御と共に画策し、八の宮を春宮に立て、光源氏を須磨への追放に追い込んだ。

その後、六の君が許されるように尽力を注ぎ、太政大臣の地位まで登りつめたが、病にふせり、天災が「天の祟り」「故院の祟り」 と噂される中、亡くなる。

世間では短気で強引な人柄と言われていたが、弘徽殿の女御からは「父上が甘やかすからあのようにつけあがって・・・」 と言われてしまうほど、娘に対しては気を揉んでいた右大臣。光源氏にとっては政敵で、権力をかざす人間ですが、娘や孫を思う親(祖父) の心は人一倍強かったようです。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の一〜十四》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.