源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:あ行, あさきゆめみし文庫版第7巻, 登場人物 > 庵主(あんじゅ)

庵主(あんじゅ)

横川の僧都の妹。さる上達部の北の方であった。亡き娘の代わりにと、行き倒れていた浮舟の世話をする。

スポンサード リンク

最愛の一人娘を亡くして出家していた庵主。ある日、母尼と共に初瀬寺にお参りに出かけた先で、母尼が急病で倒れた。 駆けつけて来た兄の横川の僧都に連れられ、宇治の院で宿をとる事になるが、そこでずぶ濡れのまま行き倒れていたという浮舟に出会う。

初瀬寺で観音が現れ、「亡き娘を強く思う心をあわれんで、娘を返す」と言う夢を見ていた庵主は、浮舟がその娘の生まれ変わりだと信じ、 手厚い看病をする。しかし、母尼も回復し、浮舟も共に小野に連れて帰ったが、浮舟は一向に良くならない。

そんな浮舟を不審に思い、庵主は横川の僧都に祈祷を頼む。その祈祷によって、とり憑いていた物の怪も退散し、 無事に浮舟は意識を取り戻したが、出家を望むばかりで全く素性を明かしてはくれなかった。

たまに訪れる娘婿であった中将の君が浮舟を見初めたと知った庵主は、浮舟の女としての将来を思い、 中将の君との仲を取り持とうと画策する。だが、浮舟を残して初瀬寺に詣でて留守の間に、浮舟は横川の僧都に懇願して出家してしまい、 庵主は実の親のように嘆き悲しんだ。

その後、薫からの文を届けに来た小君が、浮舟に良く似ていると気づいた庵主は、小君を中に通して浮舟と対面させ、 せめて返事だけでも書くようにと促すが、浮舟は拒絶し、小君とは姉弟の仲であることも認めず、そのまま小君を帰した。

自分の娘のようにかいがいしく浮舟の世話を焼く庵主であったが、結局最後まで浮舟の口から彼女の素性を語られることはなかった。

  • 《源氏物語 「宇治十帖」編 あさきゆめみし 其の十・十一》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.