源氏物語 あさきゆめみし大事典 > あさきゆめみし用語:か行

あさきゆめみし用語:か行のカテゴリー

このカテゴリーは『源氏物語 あさきゆめみし大事典』に取り上げた「か」から「こ」までの「か行」の用語を載せています。

登場人物や古典用語、和歌・歌謡・漢詩など、「か行」で始まる『源氏物語 あさきゆめみし大事典』の全てのものを順に並べています。随時記事をアップしているため、その順番や内容はたびたび変わることもあるかと思いますが、その点はどうぞご了承ください。

『源氏物語 あさきゆめみし』を手にしてみますと、文庫版で7冊。時代は違っても、普通の少女漫画と同じように恋や青春を扱っているはずなのに、政治や和歌、当時の風習が織り交ぜられている為に内容がものすごく濃くて、ずっしりとした感触。しかも桐壺帝、光源氏、薫と三代に渡っている恋物語が、ギュッギュッとこの7冊に詰まっている。本棚に置いてみると、他の本よりも文庫版サイズで小さいのに、どの本よりも重く感じます。

あまりに濃厚なお話ので、この『源氏物語 あさきゆめみし大事典』も完成し終わることがないように思えます。膨大な用語数になりそう。日々こつこつ勉強しなくては・・・。

昔は、六条の御息所がものすごく怖くて、気軽に手に取れなかったのですが、今では彼女の強い思いを理解できるようになって、夜中でも開いて読むことができるようになりました。『源氏物語 あさきゆめみし』は、桜や梅、橘などの季節の花々がとっても美しい。いつか梔子(くちなし)の花を目で見て、触れて、その甘い香りを味わってみたいなと思っています。

スポンサード リンク

くちなし(梔子)

六条の御息所が光源氏を想い、夕顔のもとへ生霊となってさまよい出る時に、六条の庭にむせかえるほどかぐわしく咲いていた花。

光源氏の母。桐壺帝からの寵愛を独占。
その為に周囲の女人から嫉妬され、数々の嫌がらせを受ける。

光源氏の祖父。按察使大納言(あぜちのだいなごん)だった。

光源氏の母方の祖母。皇家の家の姫だった。

光源氏・朱雀帝の父親。桐壺の更衣を寵愛した。

君もさは あはれをかはせ・・・

君もさは あはれをかはせ 人知れず わが身にしむる 秋の夕月

宿下がりした梅壺女御(のちの秋好中宮)に春と秋どちらが好きかと問いかけた光源氏。秋を選んだ梅壺女御に、 抑えきれない恋心を光源氏が歌ったもの。

桐壺帝の頃の典侍。老齢ながらも、恋に生きる恋愛の達人。

限りとて 忘れがたきを 忘るるも こや世になびく 心なるらん

結婚話があるという素振りを少しも見せない夕霧に、悲しみにくれながら雲居の雁が送った返歌。

近江の君の侍女。

光源氏に騎射(うまゆみ)で負けた頭の中将が、次には蹴鞠で勝負しようとせっついた。

浮舟の弟。常陸の守と常陸殿の間の子。

心あてに それかとぞ見る・・・

心あてに それかとぞ見る 白露の 光添へたる 夕顔の花

夕顔を一枝もらった光源氏に、夕顔の君が扇に書いて送った歌。

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ いふよりまさる 思ひなるらめ

蛍によって姿を見られた玉鬘が、恋心を歌った蛍兵部卿の宮に返歌したもの。

光源氏の母、桐壺の御息所(みやすどころ)が嫌がらせを受け、閉め出された通路。

光源氏が端午(たんご)の節句に、花散里に送った物。

恋ひわたる 身はそれなれど・・・

恋ひわたる 身はそれなれど 玉鬘 いかなる筋を 尋ねきつらむ

光源氏が詠んだこの歌より、亡き夕顔の娘の藤原の瑠璃君は「玉鬘」と名付けられた。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.