源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:か行, あさきゆめみし文庫版第3巻, 和歌 > 声はせで 身をのみ焦がす・・・

声はせで 身をのみ焦がす・・・

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ いふよりまさる 思ひなるらめ

蛍によって姿を見られた玉鬘が、恋心を歌った蛍兵部卿の宮に返歌したもの。

スポンサード リンク

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ いふよりまさる 思ひなるらめ

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ
  いふよりまさる 思ひなるらめ

声を立てないで身を焦がすばかりの蛍の方こそ、声に出して言ったあなたよりも、ずっと思いが深いのでしょうね、 という意味。

燃えるような思いを告げた蛍兵部卿の宮でしたが、蛍の方が思いが深いと玉鬘に冷たく切り返されてしまいました。 どうやら「音もせで 思ひに燃ゆる蛍こそ 鳴く虫よりも あはれなりけれ」『重之集』 という発想によって切り返したようです。(『源氏物語二』新日本古典文学大系より)

こちらも「思ひ」の「ひ」という言葉に「火」と「(思)ひ」を掛けています。この歌を返して、 玉鬘はさっさと奥に隠れ、宰相に後をまかせてしまったので、蛍兵部卿の宮はがっかり。 ちょっと迫りすぎてしまったかなと反省したようです。

なく声も 聞こえぬ虫の 思ひだに 人の消つには 消ゆるものかは

蛍兵部卿の宮が詠んだ歌

なく声も 聞こえぬ虫の 思ひだに
  人の消つには 消ゆるものかは

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二十六》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.