源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:か行, あさきゆめみし文庫版第4巻, 和歌 > 限りとて 忘れがたきを・・・

限りとて 忘れがたきを・・・

限りとて 忘れがたきを 忘るるも こや世になびく 心なるらん

結婚話があるという素振りを少しも見せない夕霧に、悲しみにくれながら雲居の雁が送った返歌。

スポンサード リンク

限りとて 忘れがたきを 忘るるも こや世になびく 心なるらん

限りとて 忘れがたきを 忘るるも
  こや世になびく 心なるらん

これ限りとあなたを忘れられない私を忘れるあなたこそ、これこそ世間に流される心の持ち主なのでしょうね、 という意味。

夕霧から、「だんだん冷たくなっていく」という意味の歌をもらった雲居の雁。彼女からすると、 こちらはずっとあなたのことを思い続けているのに、そちらには縁談話があって、しかもそのことを隠しているなんて! というような悔しい気分なのでしょう。

この返歌をもらった夕霧は、そんな雲居の雁の気持ちなんてこれっぽっちも気付かず、何が何だか分からずうろたえます。 恋の上手な父である光源氏とは違って、なかなか女性の気持ちが分からない夕霧。
そういえば以前、雲居の雁あてに文を書いた時、刈萱(かるかや) に結び付けようとして女房達に止められたこともありましたね。

つれなさは 憂き世の常に なりゆくを 忘れぬ人や 人にことなる

夕霧が詠んだ歌

つれなさは 憂き(うき)世の常に なりゆくを
  忘れぬ人や 人にことなる

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二十九》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.