源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:た行, あさきゆめみし文庫版第3巻, 登場人物 > 玉鬘(たまかずら)

玉鬘(たまかずら)

夕顔と頭の中将の娘。行方知れずになっていたところ、光源氏の養女となる。

スポンサード リンク

父親である頭の中将のもとから、夕顔と共に姿を消していた。夕顔が光源氏に連れられ、六条の御息所にとり憑かれ亡くなった後、 乳母に伴われて筑紫へ行く。その頃は藤原の瑠璃君と呼ばれていた。

美しい娘に成長した姫は、あちこちから求婚されるが、乳母は断り続ける。しかし、乱暴もので有名な有力者、大夫(たゆう)の監(げん) の求婚を断りきれず、逃げる為に上京する。行く末を祈願するために訪れた岩清水八幡宮で右近と出会い、光源氏の元に引き取られ、玉鬘と名付けられる。

光源氏から想いを寄せられ、蛍の宮など数多くの男性から求愛を受けるが、ひげ黒の右大将と意に反しての結婚。 前の奥方との間の子供たちを引き取り、それなりに幸せを見つけ、やがて男児をもうける。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二十四〜二十九》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.