源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:た行, あさきゆめみし文庫版第3巻, 登場人物 > 対(たい)の君

対(たい)の君

のちに軒端の荻(のきばのおぎ)と呼ばれる。伊予の介の先妻の娘。紀伊の守の妹。

スポンサード リンク

方違えに来た中川の家に、憧れの光源氏も方違えに来たということを知り、歳若い女房達と興奮してはしゃぎまわっていた。どうやら、 継母である空蝉の君とは、さほど歳は違わないらしい。彼女との中は悪くないらしく、一緒に碁を打ったりと、暇な時にはよく遊びに来ていた。

光源氏が小君の手引きで忍び込んだ時、対の君の姿を垣間見ているが、「あれはあれでまずくない娘だが・・・」という感想で、 空蝉のたしなみや心ばえには劣ってしまう娘だったらしい。しかし、夜中に光源氏が来たことに気がついて、空蝉が薄衣だけ残し逃げ去った為、 その時に隣りで寝ていた対の君が光源氏と一夜を過ごすことになる。

何も知らずに喜んでいた彼女だったけれども、光源氏からの手紙は来ず、連絡もなかったようだ。 後に蔵人の少将という男性が対の君のもとに通うようになり、たまに光源氏から手紙が舞い込むくらいだった。

光源氏と恋人になるのが夢だったのに、もて遊ばれただけのようで、ちょっとかわいそうかも。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の十八》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.