源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:た行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 登場人物 > 頭(とう)の中将

頭(とう)の中将

葵の上の兄。光源氏にとって永遠の友達でもあり、恋も政治も良きライバル。

スポンサード リンク

左大臣の長男として生まれ、母親は大宮。葵の上の兄であり、光源氏は義弟になる。

右大臣の四の君と結婚したが、あまり仲はよくない。恋多き男性であり、光源氏や学友達と雨降る夜に理想の女性について語り合った。 (この場面は「雨夜の品定め」と呼ばれています。)まだ身分が低い頃に夕顔と出会い、女の子が生まれるが、正妻が気の強い女性だった為、 夕顔は行方不明に・・・。

光源氏とは仲が良いけれども、ライバル心は強く、末摘花の君や源の典侍(げんのないしのすけ)を取り合った。 妹の葵の上が亡くなってからも、光源氏との友情は崩れず、都を追われて須磨に謹慎している光源氏を身の危険を顧みず見舞いに行く。その頃、 頭の中将から宰相へと昇進している。

権中納言になる頃には、正室との娘を弘徽殿(こきでん)の女御として入内させ、六条の御息所の娘の斎宮(梅壷の女御。秋好中宮のこと) を養女として入内させた光源氏と、絵合わせなどで後宮政治を競い合った。しかし、残念ながら中宮の座は梅壷の女御に取られてしまい、 内大臣に昇格した後も「娘を次の中宮の座に」と、春宮妃を狙う。

そこで目をかけたのが、雲居の雁。ところが彼女は光源氏と葵の上の息子、夕霧と恋仲。腹を立てた頭の中将(内大臣)は、 幼き恋人達を引き離してしまった!

そして、光源氏が引き取った玉鬘(たまかずら)を羨んで、夢占いで探し当てた姫は双六好きな早口娘の近江の君(顔はそっくり!)。 なかなかうまく物事がいかない頭の中将だったが、玉鬘が夕顔の忘れ形見だと知り、政敵となってしまった光源氏と再び昔の友情を取り戻し、 彼女の裳着(もぎ)の腰結い役を引き受ける。その後、思いもよらぬ玉鬘のひげ黒の右大将との結婚に、半ば安堵し、 今まで反対していた雲居の雁と夕霧の仲を許し、夕霧を藤の宴に招待する。

やがて、太政大臣になり、朧月夜の君に柏木と女三の宮の結婚を頼み込んだり、 失恋して恋にやつれる柏木への女二の宮の降嫁をお願いするなど、愛する息子の為に奔走する。

まだ若い冷泉帝が譲位すると知り、頭の中将(太政大臣)も職を辞し、隠居生活を送る。しかし、柏木を亡くし、 雲居の雁は夕霧の浮気により里帰り。隠居して政治から遠ざかっても、平穏な日々を送ることなく、子供達への気苦労は耐えなかった。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二〜四十一》

負けん気の強い頭の中将は、まだ恋に疎い妹婿の光源氏を恋にたけたプレイボーイに導いただけではなく、 政治でも恋でもお互いを互いに高めあっていく友情深いライバルでもありました。光源氏との数々の戦いでは常に負けてしまっていましたが、 持ち前の一本木の性格や前向きな姿勢、身を引く時の潔さには、輝くばかりの光源氏に負けない魅力があります。

総領の君、柏木への愛は深く、重症になった息子をすぐに引き取り、物の怪を祓う為に加持祈祷を葛城の聖に頼み込み、 柏木が亡くなった後の法要は悲しみのあまり取り仕切ることはできませんでした。(法要は柏木の弟の紅梅達が行いました。)
強気ばかりではなく、子供を思う親として悲嘆にくれる姿を見せる頭の中将。その愛情深い人間味溢れる性格だからこそ、 今でも多くの人々から深く愛されているのでしょうね。

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.