源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:な行, あさきゆめみし文庫版第3巻, 和歌 > なでしこの とこなつかしき・・・

なでしこの とこなつかしき・・・

なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人や尋ねん

光源氏が和琴を前に、玉鬘と玉鬘の父である内大臣(もと頭の中将)を引き合わせたいと話し、詠んだ歌。

スポンサード リンク

なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人や尋ねん

なでしこの とこなつかしき 色を見ば
  もとの垣根を 人や尋ねん

美しいあなた(玉鬘)を見たら、父である内大臣も亡き母親(夕顔)の行方を尋ねることでしょうね、という意味。

「とこなつかしき」に撫子(なでしこ)の異名である「とこなつ(常夏)」を詠み込んでいる。原本『源氏物語』「帚木」 「夕顔」の巻で、玉鬘は「なでしこ」と呼ばれていた。

山賎の 垣ほに生ひし 撫子の もとの根ざしを たれか尋ねん

返歌

山賎(やまがつ)の 垣ほに生ひし 撫子の
  もとの根ざしを たれか尋ねん

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二十六》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.