源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:は行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 古典用語 > 袴着(はかまぎ)

袴着(はかまぎ)

この時、光源氏は三歳だった。

スポンサード リンク

袴着とは、男子が初めて袴をつけるお祝いの儀式。古くは三歳。後世では五歳、または七歳で行い、女児にも行うようになった。
のちの七五三のお祝いの前身となる。

明石の君のちい姫(のちの明石の中宮)は、紫の上に引き取られ、袴着をとり行ってもらい、正式に光源氏の娘だと世間に披露された。

光源氏の袴着は、あまりに立派な式だったので、「弘徽殿の女御の子供(一の宮)をさしおいて、二の宮(光源氏)を春宮にするのでは」 と人々に噂されてしまいました。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の一》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.