源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:は行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 登場人物 > 光源氏

光源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺の更衣。愛する藤壺の面影を求めて、数々の女性と恋に落ちる。

スポンサード リンク

桐壺帝の愛情も厚く、第一皇子よりも立派な袴着をしてもらうが、やがて桐壺の更衣と祖母の死を迎え、後見人もなくなる。 高麗人の予言により臣籍に降下し、源氏の姓をもらう。

九歳の時に入内した母親そっくりの藤壺と出会い、想いを募らせるが、葵の上と結婚。冷たい葵の上とは心通わず、 藤壺のような心安らげる女性を求めて、花散里や朝顔の君、空蝉との恋を経て、六条の御息所と出会う。大人の恋に疲れた頃、 夕顔の君との一件があり、その供養に訪れた先で藤壺に似た少女、若紫(のちの紫の上)を見つける。しかし藤壺への想いを抑えきれなくなった光源氏は、宿さがりする藤壺の元に駆けつけ、一夜を過ごす。

その後、若紫を引き取り、頭の中将と末摘花や源典侍を取り合う。藤壺は源氏との子供を懐妊、出産する。朧月夜との恋に戯れている頃、葵の上が懐妊。葵の上は物の怪に憑かれながらも、何とか男児(のちの夕霧)を出産。 初めて自分の子供だと呼べる子供が産まれて、光源氏は喜ぶが、六条の御息所の生霊に襲われ葵の上は死亡してしまう。

喪があけた後、成長した紫の上と結婚するが、寵愛してくれていた桐壺帝が崩御し、右大臣家の権威が強くなり、 藤壺、光源氏共に形勢不利になる。春宮を守るために藤壺は出家し、光源氏は朧月夜の君との仲を右大臣に知られ、謀反の噂が流れる。謀反潔白の意を示すため、無位無官になり須磨で謹慎する。そこで明石入道と出会い、住吉の神の導きにより明石の君と結ばれる。

ようやく許されて京に戻った光源氏は内裏絵合わせに勝つ。愛する藤壺との死別に心引き裂かれながらもなお藤壺のような女性を求める。 やがて念願だった六条院を造営。夕顔の忘れ形見の玉鬘と巡り合い、養女にする。
そしてついに准太上天皇の地位を得、朱雀院の娘の女三の宮を正室に迎え入れる。六条の御息所の死霊にとり憑かれ、 紫の上が病に臥している間に女三の宮は柏木と密通。自分の子供ではない薫を息子として抱くことになる。

物の怪の仕業により女三の宮は出家。紫の上は愛する光源氏の腕の中で絶命。世の無常を知った光源氏は出家し、命の終わりを迎える。

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の一〜四十二》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.