源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:ま行, あさきゆめみし文庫版第1巻, 古典用語 > 三日夜餅(みかよのもち)

三日夜餅(みかよのもち)

紫の上と結婚した光源氏が、惟光に依頼して用意させた。

スポンサード リンク

当時は、新婚三日目に夫婦で白い色のお餅を食すという風習があった。今日は縁起が悪いからと、良い日にちを選んだ光源氏。 どうやらその日は子(ね)の日にあたるらしい。

大和和紀先生の漫画では、鶴をあしらった飾りや笹、紅葉などの葉や花で、華やかに描かれています。ご機嫌ななめで、光源氏を無視していた紫の上。このおいしそうなお餅を、光源氏と一緒に食べれたのかな?

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の十》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.