源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:や行, あさきゆめみし文庫版第7巻, 登場人物 > 横川の僧都(そうず)

横川の僧都(そうず)

比叡山横川の僧。庵主(あんじゅ)の兄。物の怪にとり憑かれていた浮舟を助ける。

スポンサード リンク

比叡山で修行をしていたが、母尼が急病ということで下山し、駆けつけた横川の僧都は、病人連れということで宿主に断られ、 代わりの宿として宇治の院へと向かう途中、ずぶ濡れで倒れていた浮舟を助ける。

一向に良くならない浮舟を不審に思った横川の僧都は祈祷をし、浮舟にとり憑いていた物の怪を退散させる。 一安心して山へと戻った横川の僧都であったが、明石の中宮より物の怪に悩まされている女一の宮の加持を頼まれ、再び山を降りた。

京へ行く途中に母尼や庵主のもとに立ち寄るが、庵主は初瀬の観音の寺に詣でていて不在。その時、浮舟に懇願され、 その美しさにとまどいながらも出家を受け入れる。

女一の宮の加持をし、何とか容態を落ち着かせた横川の僧都は、 ホッとする明石の中宮に油断は禁物だと去年の春に宇治の里付近で物の怪にとり憑かれていた女(浮舟)の話をする。

やがて、その話が薫のもとに届き、その女性は浮舟だと確信した薫は、横川の僧都のもとを訪ねる。 薫から浮舟が八の宮の姫君だと聞いた横川の僧都は驚き、浮舟の道心の妨げにならないかと迷いながらも、浮舟が還俗(げんぞく) を望むのならば・・・と浮舟に手紙を送る。

  • 《源氏物語 「宇治十帖」編 あさきゆめみし 其の十・十一》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.