源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし用語:ら行, あさきゆめみし文庫版第6巻, 登場人物 > 六の君

六の君

夕霧と藤の典侍(ないしのすけ)との間に産まれた姫君。匂の宮と結婚する。

スポンサード リンク

夕霧の左大臣が六の君の裳着(もぎ)に合わせて、匂の宮との婚礼を考えていたが、宮が中の君と婚姻したばかりなので断念し、 代わりに薫の中納言との結婚を望む。しかし、大君に先立たれた痛手から立ち直っていない薫は、その縁談を断った。

その後、帝が薫に女二の宮を賜ったことに焦りを感じた夕霧は、明石の中宮(夕霧の異母妹であり、匂の宮の母) にお願いして匂の宮を説得してもらい、何とか婚姻の約束を取り付ける。

婚礼当日、匂の宮は中の君のいる二条院に逃げ戻るが、頭の中将(夕霧の長男)を迎えに出し、婚礼を進める。 しぶしぶ従った匂の宮だったが、六の君の美人で利発で明るい性格に惹かれる。どうやら六の君は、匂の宮好みの姫だったらしい。

  • 《源氏物語 「宇治十帖」編 あさきゆめみし 其の六》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.