源氏物語 あさきゆめみし大事典 > あさきゆめみし文庫版第2巻

あさきゆめみし文庫版第2巻のカテゴリー

このカテゴリーでは『源氏物語 あさきゆめみし大事典』に取り上げた用語の文庫版第2巻のものだけを載せています。

ストーリダイジェストや登場人物、古典用語や和歌・歌謡・漢詩など、文庫版第2巻にある『源氏物語 あさきゆめみし大事典』の全てのものを順に並べています。随時記事をアップしているため、その順番や内容はたびたび変わることもあるかと思いますが、その点はどうぞご了承ください。

第1巻では、頭の中将と宮廷の一のプレイボーイを競っていた光源氏。話の内容も恋のお遊びが中心で、美しくて魅力的な光源氏なら恋の勝負は百戦錬磨かと思いきや、恋にたけた年配の女性に振り回されたり、笑える失敗があったりと、気楽に読めていましたが、子供が出来、だんだんと年を重ねるうちに身分や立場という政治の世界に巻き込まれていきます。それでも恋や愛というものを失わない光源氏。現代のように気軽に外を歩き回れない平安時代の上流階級の女性達は、紫式部の『源氏物語』を手にして、自分のもとに光源氏のような素敵な男性がいつか訪れるのだと夢見ていたのでしょうか。

私個人としては、夕霧の真面目一筋、誰もが認める優等生なのに、恋に関しては全く不器用なところの話がお気に入りなのですが、後に薫が主人公となった時でもたびたび登場して、より堅物になり匂の宮に苦手がられ、大事な娘の嫁入りに頭を悩ます男親になっているところも結構好きだったりします。みなさんはどの場面がお気に入りですか?

スポンサード リンク

いぶせくも 心にものを・・・

いぶせくも 心にものを なやむかな やよやいかにと 問ふ人もなみ

明石の入道から娘(のちの明石の君)のことを聞いた光源氏が、娘にあてて2度目の恋文に書いた歌。

光源氏が勅使(ちょくし)に立った。
葵の上の車とと六条の御息所との車争いが起こる。

源氏物語 あさきゆめみし 其の09

葵の上が懐妊した!光源氏は葵祭りの勅使に選ばれるが、そのお祭りで葵の上と六条の御息所との車争いが起こってしまう。 そして葵の上は出産を迎えた。

夕霧を出産し、六条の御息所の生霊にとり憑かれた葵の上が亡くなった。やがて、光源氏は成長した紫の上と結婚する。

桐壺院が亡くなり、政情が緊迫してきた。そして光源氏の愛する藤壺の君が、とうとう出家してしまった!

まだ続いていた朧月夜の君との仲を知られてしまった光源氏。帝に対する謀反の噂が飛び交う中、花散る里のもとに訪れ、 謹慎する決意をした。

親しき者に別れを告げ、光源氏は謹慎の為に須磨へと旅立った。寂しげな地で、友人からの文も途絶えがちの中、光源氏は 「海龍王の后の娘」の噂を耳にする。

大暴風雨が光源氏を襲った!住吉の神に救済の祈祷をした光源氏を、明石の入道が迎えに来る。運命に導かれ、 光源氏と明石の君が巡り合った。

光源氏は許され、京に戻ることになった。明石の君と別れ、懐かしい人々と再会を喜び合った。やがて冷泉帝が即位し、 光源氏は内大臣を仰せつかった。

明石の君は女児を出産した。光源氏は彼女達が京で生活することを望んでいた。そんな中、出家した六条の御息所は、 娘を光源氏に託して亡くなった。

光源氏が兵部卿宮に頼み、紫の上の裳着を執り行った。

身はかくて さすらへぬとも・・・

身はかくて さすらへぬとも 君があたり 去らぬ鏡の 影は離れじ

須磨へと旅立つ光源氏が、帥の宮と頭の君に会う為に着替えた時に、自分のやつれた姿を鏡に見ながら詠んだ歌。

大君と中の君、そして浮舟の父。桐壺帝の第八皇子で、光源氏にとっては腹違いの兄にあたる。

光源氏が明石の上に会いに桂まで行くということに、紫の上が口にした嫉妬の言葉。

光源氏が端午(たんご)の節句に、花散里に送った物。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.