源氏物語 あさきゆめみし大事典 > あさきゆめみし文庫版第3巻

あさきゆめみし文庫版第3巻のカテゴリー

このカテゴリーでは『源氏物語 あさきゆめみし大事典』に取り上げた用語の文庫版第3巻のものだけを載せています。

ストーリダイジェストや登場人物、古典用語や和歌・歌謡・漢詩など、文庫版第3巻にある『源氏物語 あさきゆめみし大事典』の全てのものを順に並べています。随時記事をアップしているため、その順番や内容はたびたび変わることもあるかと思いますが、その点はどうぞご了承ください。

第1巻では、頭の中将と宮廷の一のプレイボーイを競っていた光源氏。話の内容も恋のお遊びが中心で、美しくて魅力的な光源氏なら恋の勝負は百戦錬磨かと思いきや、恋にたけた年配の女性に振り回されたり、笑える失敗があったりと、気楽に読めていましたが、子供が出来、だんだんと年を重ねるうちに身分や立場という政治の世界に巻き込まれていきます。それでも恋や愛というものを失わない光源氏。現代のように気軽に外を歩き回れない平安時代の上流階級の女性達は、紫式部の『源氏物語』を手にして、自分のもとに光源氏のような素敵な男性がいつか訪れるのだと夢見ていたのでしょうか。

私個人としては、夕霧の真面目一筋、誰もが認める優等生なのに、恋に関しては全く不器用なところの話がお気に入りなのですが、後に薫が主人公となった時でもたびたび登場して、より堅物になり匂の宮に苦手がられ、大事な娘の嫁入りに頭を悩ます男親になっているところも結構好きだったりします。みなさんはどの場面がお気に入りですか?

スポンサード リンク

なく声も 聞こえぬ虫の・・・

なく声も 聞こえぬ虫の 思ひだに 人の消つには 消ゆるものかは

蛍の光に照らし出された玉鬘の美しさに、夢中になった蛍兵部卿の宮が玉鬘に語りかけた恋の歌。

なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人や尋ねん

光源氏が和琴を前に、玉鬘と玉鬘の父である内大臣(もと頭の中将)を引き合わせたいと話し、詠んだ歌。

夕顔と頭の中将の娘。行方知れずになっていたところ、光源氏の養女となる。

頭の中将の娘。夢占(ゆめうらない)より探し出された姫。

伊予の介の妻。夜、忍び込んだ光源氏に気付き、薄衣だけ残して逃げ去った女性。

君もさは あはれをかはせ 人知れず わが身にしむる 秋の夕月

宿下がりした梅壺女御(のちの秋好中宮)に春と秋どちらが好きかと問いかけた光源氏。秋を選んだ梅壺女御に、 抑えきれない恋心を光源氏が歌ったもの。

光源氏が須磨へ流されてから、末摘花の君の屋敷は落ちぶれていた。やがて、侍従も去り、ボロボロになりながらもずっと、 彼女は光源氏を待ち続けていた。

石山詣に来た光源氏は、逢坂の関でかつての恋人だった空蝉(うつせみ)の君とすれ違い、昔の思い出を懐かしんだ。

六条の御息所の娘は入内し、梅壺の女御となった。絵が好きな冷泉帝の興味を惹く為、梅壺と弘徽殿の女御の間で、 絵の優劣を競う絵合わせが行われた。

明石の君が大堰(おおい)までやってきた。紫の上は嫉妬で取り乱しながらも、光源氏を送り出す。そんな中、 光源氏はちい姫の将来について考えていた。

ちい姫は紫の上に引き取られ、愛されながらすくすくと育っていた。その頃、藤壺の宮が病床につき、命の終わりを迎えようとしていた。

光源氏の初恋の君と呼ばれていた槿(あさがお)の君。光源氏は斎院を退下した彼女のもとに通い、 藤壺の宮や六条の御息所の影を追い求めていた。

夕霧は幼馴染のいとこ、雲居の雁と幼いながら恋仲にあった。しかし、それを頭の中将(この時にはすでに内大臣)に知られ、 とうとう引き離されてしまった。

亡き夕顔の遺児、藤原の瑠璃(るり)君は乳母に引き取られ、美しく成長していた。上京を願っていた彼女達だが、大夫の監 (たゆうのげん)が求婚してきた。

光源氏に引き取られ、玉鬘と名付けられた夕顔の娘。新春の華やかな六条院に訪れる青年達は、美しい玉鬘に想いを寄せていた。

恋にやつれた兵部卿の宮が、光源氏からの想いに悩む玉鬘の元に尋ねてきた。その頃、内大臣は見つけ出された娘、 近江の君に悩まされていた。

近江の君の侍女。

山賎(やまがつ)の 垣ほに生ひし・・・

山賎の 垣ほに生ひし 撫子の もとの根ざしを たれか尋ねん

光源氏が内大臣(もと頭の中将)に玉鬘を引き合わせたいと詠んだものに、玉鬘が返歌したもの。

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ いふよりまさる 思ひなるらめ

蛍によって姿を見られた玉鬘が、恋心を歌った蛍兵部卿の宮に返歌したもの。

常陸の宮の息子。末摘花の兄。

のちに軒端の荻(のきばのおぎ)と呼ばれる。伊予の介の先妻の娘。紀伊の守の妹。

六条院にやってきた男踏歌の一行には、夕霧・頭の中将(のちの柏木)・弁の少将(のちの紅梅)もいて、 美しい歌声と舞で人々を魅了した。

入日さす 峰にたなびく うす雲は もの思ふ袖に 色やまがへる

亡くなった藤壺の宮を想い、悲しみにくれながら光源氏が詠んだ歌。

藤壺の宮が亡くなったのは、女の大厄とされる三十七歳だった。

恋ひわたる 身はそれなれど・・・

恋ひわたる 身はそれなれど 玉鬘 いかなる筋を 尋ねきつらむ

光源氏が詠んだこの歌より、亡き夕顔の娘の藤原の瑠璃君は「玉鬘」と名付けられた。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.