源氏物語 あさきゆめみし大事典 > あさきゆめみし文庫版第4巻

あさきゆめみし文庫版第4巻のカテゴリー

このカテゴリーでは『源氏物語 あさきゆめみし大事典』に取り上げた用語の文庫版第4巻のものだけを載せています。

ストーリダイジェストや登場人物、古典用語や和歌・歌謡・漢詩など、文庫版第4巻にある『源氏物語 あさきゆめみし大事典』の全てのものを順に並べています。随時記事をアップしているため、その順番や内容はたびたび変わることもあるかと思いますが、その点はどうぞご了承ください。

第1巻では、頭の中将と宮廷の一のプレイボーイを競っていた光源氏。話の内容も恋のお遊びが中心で、美しくて魅力的な光源氏なら恋の勝負は百戦錬磨かと思いきや、恋にたけた年配の女性に振り回されたり、笑える失敗があったりと、気楽に読めていましたが、子供が出来、だんだんと年を重ねるうちに身分や立場という政治の世界に巻き込まれていきます。それでも恋や愛というものを失わない光源氏。現代のように気軽に外を歩き回れない平安時代の上流階級の女性達は、紫式部の『源氏物語』を手にして、自分のもとに光源氏のような素敵な男性がいつか訪れるのだと夢見ていたのでしょうか。

私個人としては、夕霧の真面目一筋、誰もが認める優等生なのに、恋に関しては全く不器用なところの話がお気に入りなのですが、後に薫が主人公となった時でもたびたび登場して、より堅物になり匂の宮に苦手がられ、大事な娘の嫁入りに頭を悩ます男親になっているところも結構好きだったりします。みなさんはどの場面がお気に入りですか?

スポンサード リンク

おきつ舟 よるべ波路(なみじ)に・・・

おきつ舟 よるべ波路に 漂はば 棹さし寄らむ 泊り教えよ

容姿端麗な夕霧を見た近江の君が、御簾にはりつきながら詠んだ恋の歌。

つれなさは 憂き世の常に なりゆくを 忘れぬ人や 人にことなる

夕霧の結婚話があるという噂を、雲居の雁が内大臣から聞いた頃、夕霧から彼女に届いた歌。

よるべなみ 風の騒がす 舟人も 思はぬかたに 磯づたひせず

私と恋をしませんかと積極的に問いかけた近江の君に、夕霧が返歌したもの。

玉鬘の裳着が行われることになった。光源氏の取り計らいで、彼女はついに親子の対面を果たした!そして、 冷泉帝の尚侍になることが決定した。

玉鬘はひげ黒の右大将と結婚することになった。しかし、ひげ黒の右大将には物の怪病にとり憑かれた北の方と子供達がいた。

雲居の雁を思い続ける夕霧に縁談話が舞い込んだ!藤の宴に夕霧を招いた内大臣は、2人の結婚を許し、ついに、 幼い頃からの恋人達は結ばれた。

ちい姫も入内し、光源氏も準太上天皇の地位を得、臣下の位を離れた。世の栄華を極めた光源氏に、朱雀院の娘、 女三の宮との結婚が決まった。

女三の宮と結婚した光源氏。しかし、そのおとなしやかな姫君は幼さが残り、人としての自我すらまだ芽生えていなかった。

光源氏の唯一の娘、明石の女御が男児を出産した!願がかなった明石の入道は、深山に入り、明石の女御はついに自分の全てを知った。

女三の宮への想いを断ち切れない柏木は、今まで以上に思いつめていた。そして、光源氏の愛を失うことを恐れた紫の上は、 出家することを願い出た。

紫の上が病に倒れた!光源氏が紫の上を必死に看病している間に、女三の宮を忘れられない柏木は、小侍従に手引きを頼んだ。

限りとて 忘れがたきを 忘るるも こや世になびく 心なるらん

結婚話があるという素振りを少しも見せない夕霧に、悲しみにくれながら雲居の雁が送った返歌。

今はとて 宿離れぬとも 馴れ来つる 真木の柱 われを忘るな

ひげ黒の右大将の娘(真木柱)が離別する髭黒の北の方と共に屋敷を去る際に、泣きながら紙に書き、 柱のすき間に埋めた歌。

ひげ黒の右大将の娘。母はその北の方(式部卿の宮の娘)。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.