源氏物語 あさきゆめみし大事典 > 和歌

和歌のカテゴリー

『源氏物語 あさきゆめみし』では、たくさんの歌が出てきます。平安貴族に和歌は言葉の一部。幼き頃から教養として和歌や漢詩や物語に接し、決まった文字数や枕詞、掛詞、季語やら昔物語やら・・・それらを踏まえた上で歌を作り出します。

そのやりとりに時間がかかりすぎてはいけません。知的な女性なら、すぐに返歌しなければならないのです。主人が答えられなかったり、答えたくなければ、脇にいる女房達がサポートします。

その人の知性や教養がすぐにわかってしまうので、上流階級の娘達は必死に勉強していたのでしょう。当時の貴族達は、娘の知性と教養を深める為に、才女を競って家庭教師にしていたようです。清少納言は一条天皇の皇后定子に、紫式部は中宮彰子(しょうし)に、その教養深い素晴らしい知性を認められて仕えていました。紫式部の『紫式部日記』には当時の才女達に関する手厳しい批評があったりするので、宮廷行事やその作法などに興味がある方は、ぜひ読んでみてはいかが?

光源氏は、幼き頃より文武共に他の者よりも優れていて、屋敷は雅風流で溢れていました。

そのきらびやかな世界で贈答される和歌は、言葉とは裏の意味があったり、たくさんの草花が出てきたり、その歌だけでその人の気持ちや状況がわかってしまうので、結構面白い。

このカテゴリーでは、『源氏物語 あさきゆめみし』でやりとりされるそれらの和歌を取り上げてみました。これからも少しずつ記事を増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

スポンサード リンク

いぶせくも 心にものを・・・

いぶせくも 心にものを なやむかな やよやいかにと 問ふ人もなみ

明石の入道から娘(のちの明石の君)のことを聞いた光源氏が、娘にあてて2度目の恋文に書いた歌。

おきつ舟 よるべ波路(なみじ)に・・・

おきつ舟 よるべ波路に 漂はば 棹さし寄らむ 泊り教えよ

容姿端麗な夕霧を見た近江の君が、御簾にはりつきながら詠んだ恋の歌。

さしかへる 宇治の河をさ 朝夕の しづくや袖を 朽たし果つらむ

宇治での生活の淋しさを同情した薫の歌に、大君がすばやく返歌したもの。

つれなさは 憂き(うき)世の常に・・・

つれなさは 憂き世の常に なりゆくを 忘れぬ人や 人にことなる

夕霧の結婚話があるという噂を、雲居の雁が内大臣から聞いた頃、夕霧から彼女に届いた歌。

なく声も 聞こえぬ虫の 思ひだに 人の消つには 消ゆるものかは

蛍の光に照らし出された玉鬘の美しさに、夢中になった蛍兵部卿の宮が玉鬘に語りかけた恋の歌。

なつかしき 色ともなしに なににこの 末摘花を 袖にふりけむ

常陸(ひたち)の宮の姫(末摘花)が送ってきた正月用の衣装を、光源氏が受け取り、命婦の前で詠んだ歌。

なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人や尋ねん

光源氏が和琴を前に、玉鬘と玉鬘の父である内大臣(もと頭の中将)を引き合わせたいと話し、詠んだ歌。

よるべなみ 風の騒がす 舟人も 思はぬかたに 磯づたひせず

私と恋をしませんかと積極的に問いかけた近江の君に、夕霧が返歌したもの。

よるべなみ 風の騒がす 舟人も 思はぬかたに 磯づたひせず

夕顔の君がよこした扇に書かれた歌に、光源氏が返歌したもの。

橋姫の 心をくみて 高瀬さす 棹のしづくに 袖ぞ濡れける

弁の君より自分の出生を聞いた薫。宇治を立ち去る前に、大君に送った歌。

君もさは あはれをかはせ 人知れず わが身にしむる 秋の夕月

宿下がりした梅壺女御(のちの秋好中宮)に春と秋どちらが好きかと問いかけた光源氏。秋を選んだ梅壺女御に、 抑えきれない恋心を光源氏が歌ったもの。

限りとて 忘れがたきを 忘るるも こや世になびく 心なるらん

結婚話があるという素振りを少しも見せない夕霧に、悲しみにくれながら雲居の雁が送った返歌。

今はとて 宿離れぬとも 馴れ来つる 真木の柱 われを忘るな

ひげ黒の右大将の娘(真木柱)が離別する髭黒の北の方と共に屋敷を去る際に、泣きながら紙に書き、 柱のすき間に埋めた歌。

山賎(やまがつ)の 垣ほに生ひし・・・

山賎の 垣ほに生ひし 撫子の もとの根ざしを たれか尋ねん

光源氏が内大臣(もと頭の中将)に玉鬘を引き合わせたいと詠んだものに、玉鬘が返歌したもの。

心あてに それかとぞ見る 白露の 光添へたる 夕顔の花

夕顔を一枝もらった光源氏に、夕顔の君が扇に書いて送った歌。

身はかくて さすらへぬとも 君があたり 去らぬ鏡の 影は離れじ

須磨へと旅立つ光源氏が、帥の宮と頭の君に会う為に着替えた時に、自分のやつれた姿を鏡に見ながら詠んだ歌。

声はせで 身をのみ焦がす 蛍こそ いふよりまさる 思ひなるらめ

蛍によって姿を見られた玉鬘が、恋心を歌った蛍兵部卿の宮に返歌したもの。

入日さす 峰にたなびく うす雲は もの思ふ袖に 色やまがへる

亡くなった藤壺の宮を想い、悲しみにくれながら光源氏が詠んだ歌。

恋ひわたる 身はそれなれど 玉鬘 いかなる筋を 尋ねきつらむ

光源氏が詠んだこの歌より、亡き夕顔の娘の藤原の瑠璃君は「玉鬘」と名付けられた。

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.