源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし文庫版第2巻, ストーリーダイジェスト > 源氏物語 あさきゆめみし 其の16

源氏物語 あさきゆめみし 其の16

明石の君は女児を出産した。光源氏は彼女達が京で生活することを望んでいた。そんな中、出家した六条の御息所は、 娘を光源氏に託して亡くなった。

スポンサード リンク

無事出産し、ちい姫を産んだ明石の君。光源氏からは数々のお祝いの品が届き、京から遠く離れようとも、大切に思われていた。

明石の君が住吉へお参りに出向いた日に、ちょうど光源氏も住吉へお礼参りに来ていた。あまりにすばらしく立派な一行に気圧されて、 明石の君は参詣の日にち変更する。そして、光源氏は雲居の雁を好きな夕霧や、明石にいるままのちい姫の将来を案じ、 その後のことを考えるようになる。

朱雀院より、六条の御息所の話を聞いた光源氏は、早速彼女の元に駆けつけた。しかし、彼女はすでに出家し、治らぬ病に侵されていた・・ ・!

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の十六:澪標・蓬生(よもぎう)》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.