源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし文庫版第3巻, ストーリーダイジェスト > 源氏物語 あさきゆめみし 其の26

源氏物語 あさきゆめみし 其の26

恋にやつれた兵部卿の宮が、光源氏からの想いに悩む玉鬘の元に尋ねてきた。その頃、内大臣は見つけ出された娘、 近江の君に悩まされていた。

スポンサード リンク

光源氏からのアプローチをさりげなくかわしながら、一人悩んでいた玉鬘。そんな彼女のもとに光源氏の弟である兵部卿の宮が訪れた。 気を利かした光源氏は、袖に隠していたたくさんの蛍を放ち、その光によって玉鬘の姿を見た兵部卿の宮は、 あまりの美しさによりいっそう恋心を募らせていった。

ちい姫の相手をよくできていると女房達に褒められた夕霧は、幼馴染の姫、雲居の雁を思い出していた。 皆から新しい恋人を探せと勧められてはいても、相変わらず彼女への想いは消えず、女房から言われた言葉をかみしめ、 意地を張りながらも頑張っていた。

光源氏の玉鬘のことでうらやんでいた内大臣(もと頭の中将)。しかし、夢見占いで見つけ出された娘は早口で、教養もなく、 行儀作法も全くできていなかった・・・!

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の二十六:蛍・常夏・篝火・野分》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.