源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし文庫版第4巻, ストーリーダイジェスト > 源氏物語 あさきゆめみし 其の31

源氏物語 あさきゆめみし 其の31

女三の宮と結婚した光源氏。しかし、そのおとなしやかな姫君は幼さが残り、人としての自我すらまだ芽生えていなかった。

スポンサード リンク

身分も高く、まだ若い女三の宮を、光源氏が妻に迎えたことで、紫の上は不安に駆られていた。幼稚な姫君にがっかりした光源氏が、 自分のもとに戻ってきてくれるのを嬉しいとは思いながらも、世間体を取り繕う為に、自分の気持ちを無理矢理抑え込んでいた。

そんな頃、朧月夜の君が出家した朱雀院と別れ、実家の屋敷に移ったことを知った光源氏は、彼女のもとに会いに行く。 固く拒んだ朧月夜の君だったが、拒みきれず、ついに彼女は自分の手で光源氏と自分を分け隔てていた戸を開いた・・・。

光源氏との恋で、ずっと悲しみにくれていた紫の上に、久しぶりに笑顔が戻ってきた。去年入内したばかりの明石の女御が懐妊し、 実家である六条院に戻って来たのだ。明石の女御、明石の上と久しぶりに出会った紫の上は、光源氏の正室となった女三の宮に初めて対面した・・ ・!

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 其の三十一:若菜上》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.