源氏物語 あさきゆめみし大事典あさきゆめみし文庫版第6巻, ストーリーダイジェスト > 源氏物語 あさきゆめみし 第2部「宇治十帖」編 其の06

源氏物語 あさきゆめみし 第2部「宇治十帖」編 其の06

宇治から華やかな京の二条院へと移った中の君。主上から内親王を賜った薫は、未だに亡くなった大君を忘れることができない。そんな時、 大君に生き写しの娘がいると知った!

スポンサード リンク

光源氏と紫の上が愛を育んだ場所、二条院に匂の宮は中の君を迎い入れた。あまりの寵愛ぶりに、「娘の六の君の裳着に合わせて、 匂の宮と結婚を」と考えていた夕霧は、その結婚を諦め、「薫を婿に」と方針を変えて打診するが、まだ大君の死から立ち直っていない薫は、 その話を断った。

冷静沈着な薫の、愛した女性を忘れないその情深さを知った時の帝は、藤壺に薫を呼び、女二の宮(麗景殿(れいけいでん) 女御との間の娘。)との結婚を賭けを匂わせながら碁の勝負をする。賭けに勝った薫は女二の宮との結婚を許されるが、あまり気乗りはしない。 六の君の婚期を逃してしまうと焦った夕霧は、再び匂の君との結婚を明石の中宮に頼み込み、強引にその話を進める。 女二の宮と匂の君の結婚を知った中の君は、宇治にいた頃の思い悩むことがなかった幸せを思い返しては、匂の君の心変わりを不安に思い、 悲しみ嘆いた。

世間の人々から羨まれる女二の宮との結婚が決まった薫は、そのことに喜ぶことなく、より一層亡くなった大君への思いを深めていた。 そして、宇治に一度帰りたいと言う中の君に薫は同情し、大君の言う通りに中の君と結婚しなかったことを後悔する。 大君を失ったことの痛手は深く、立ち直れない薫はその思いを中の君に向ける。それを察した中の君は、その気持ちをそらすべく、 自分よりも大君にそっくりな異母姉妹がいるということを薫に打ち明けた・・・!

  • 《源氏物語 あさきゆめみし 第2部「宇治十帖」編 其の6:早蕨(さわらび)・宿木(やどりぎ)・東屋(あずまや)》

スポンサード リンク

検索

Google

あさきゆめみしのカテゴリー

あさきゆめみしの用語集

あさきゆめみし各巻別の用語集

源氏物語

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2006-2009 源氏物語 あさきゆめみし大事典 All Rights Reserved.